スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロックシュリンプの興亡
- 2009/10/30(Fri) -
昨日、二匹いた内の一匹のロックシュリンプが亡くなっていました。もう一匹の生存については未確認です。かなりの期待を込めて投入した大きいエビちゃんだったのですが、とても残念です。

原因はわかりません。特に水質が変わったというような事もないと思います。ヤマトヌマエビたちは元気にしていますし。最近投入したのだから水合わせが上手くいかずpHショックだったのかとも思いますが、投入から1ヶ月以上経っているのでそれは今さらないだろうと思っています。
つまりはうちの水が合わなかったという事でしょうか。

少し気になってロックシュリンプについて調べてみたところ、混泳は問題ないには問題ないが、それはロックシュリンプが他の魚を襲うことはないという意味で問題がないというだけで、ロックシュリンプ側としては少し問題があるかも知れないという事が書いてありました。
どういうことかと言うと、ロックシュリンプはあまりにもおとなしい性格でおっとりしているため、自分の食い扶持にありつけない可能性があるという事です。ロックシュリンプは水流に身を置いて流れてくるプランクトンを捕るというスタイルで、自らエサに向かって突撃して奪い合うという事をしないらしいのです。確かにうちの水槽でもじっと同じ場所ではさみを広げてじっとしている姿がよく見られました。そして、エサを投入しても全く反応を見せず、我関せずといった感じで自分の世界を展開しているようでした。
うちの水槽の中のプランクトンが不足していたという事なのか、エサを積極的に取りに行かないと言う消極的な性格が災いしたのかは解りませんが、もしそういうことで餓死してしまったのならとても気の毒なことだと思いました。

生死不明の残った一匹が無事であれば良いのですが、一度隠れてしまうとなかなか見つからない彼らなのでしばらくは解らないでしょう。もしエサが行き届かなかったとしても、良い解決策が思いつかないのでどうする事もできません。
その辺りは辛いですが、しばらくは成り行きを見守るしかなさそうです。




というような記事を数日前に書いて、下書きに保存したまま忘れ去られておりました。どうやら書いた時は寝ぼけていたようで、自分ではアップロードしたつもりでいたので、該当記事がない事に少し焦り、下書きを探したらタイトルもつかずにほったらかしになっていたという次第です。

さて、そういう訳で、二匹のうちの一匹のロックシュリンプが死んでしまい、残りの一匹の生死は不明という状況だったのですが、無事生存を確認しました。というか昨日からずっと同じところにじっとしているのでいやでも生きていることが分かりました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第三次レイアウト変更計画発動 | メイン | CO2ミキサーが世界の運命を変える!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tomo7336.blog101.fc2.com/tb.php/3-78e5fad6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。