スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
CO2ミキサーが世界の運命を変える!
- 2009/10/28(Wed) -
先日、CO2をもっと効率よく添加したいという日々の欲求に耐えられなくなり、ついにCO2ミキサーなるものを購入してしまった。
一般的なCO2の添加方法というとエアストーンの目の細かい版のようなCO2ストーンで細かい泡をもしゃもしゃと立てて溶かす方法となる。ところが、もっとお金持ちの方のやり方はもっと合理的だ。濾過槽と水槽の途中にもう1つCO2をしっかり水に溶かす為の槽をつくり、その中に渦巻き状の水流を起こしてCO2を溶かし、しかる後、CO2たっぷりの水を水槽に流し込む。これはなかなか過ごそうだが、装備に1万円とか要する。これには手が出ない。しかし、世の中にはその中間型みたいまものがあって、水槽の中で渦巻きを起こして、そこにCO2を滴下する事により効率的な添加を実現する、というものだ。
この場合の長所は、装置を水槽内部に置くため、細かい水漏れとかいう事は考えなくてもいい、という事で、構造がシンプルになりやすい。うまくすれば自作する事ができそうだ。
自作できたらすごいじゃん、と思って色々なサイトで調べてみた。それほど難しくはなさそうだが、手間はかかりそう。アクリルのパイプとか、それをふさぐゴム栓、そのゴム栓に穴を開けるドリルなどの必要なものをリストアップしていくと、既製品の一番安いのを買うのとそれほど違いがなさそうだという事に気がついた。

そこで早速熱帯魚屋へ向かう。そして見つけた。店頭に1つだけ残っていた安くてなかなかよさげなCO2ミキサーを。それがこれだ!




「トルネード」だ。なんだか凄そうじゃないか。ぐるぐる回って二酸化炭素なんて全部吸い込んでくれそうなイメージ。しかも2000円強と言う安い値段設定。早速買いました。

濾過槽からの水流を直接使うのだが、ホースの径が違うので変換アダプタをつける。構造は簡単で、基本的にホースから水が流れてきて円柱の中に注がれる。少し斜めにつけてあるので筒の中の水流は渦を巻く。ここにCO2をぷくりぷくりとたらしていくと水流に巻き込まれ翻弄された二酸化炭素が遂に諦めて水に溶けていく、というものだ。ぶっちゃけ、ディフューザーという水流で二酸化炭素を引っ張り出すという構造と筒とホースの接続をどうにかする、という部分が難しいだけで、後は本当に手作り出来そうな勢い。

しかし、俺は満足だ。どうせ自分で作っても完成に至るか解りもしないのだから、材料費プラスアルファで完成品が手に入るのならそちらで十分。

早速水を流して動きを確認でござる。




ふふふ、なかなか良い具合にぐるぐると回っておる。人類の敵、CO2の奴も手も足も出ず翻弄されておるわ!くくく、がんがん溶けてどんどん植物に入り込み、ズバーっと光合成に使われたし。緑の楽園もすぐそこまで迫ってきているぞ!


追伸
一応、魚たちが心配だったので、夜間のエアレーションを強化しておきました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ロックシュリンプの興亡 | メイン | 我が家の水槽紹介>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tomo7336.blog101.fc2.com/tb.php/2-3639dff5
-みなぞこ日記、更新。CO2添加の新兵器登場!-
熱帯魚ブログ(みなぞこ日記)の方、更新しました。 今日のテーマはCO2をいかに効率良く水に溶かしていくのかという事です。その為の新兵器登場! タイトルはこれ! みなぞこ日記 ◆CO2ミキサーが世界の運命を変える! http://tomo7336.blog101.fc2.com/... …
2009/10/28 01:16  行くに径に由らず ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。