スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
水槽内リストラのためコケ微量発生
- 2009/11/08(Sun) -
先日、水槽の大リストラ大会を敢行したのだが、それにより大量のミクロソリウムが解雇された。実はまだそのミクロソリウム達の処分が決定しておらず、バケツに浸かっているのだがどうしよう。60cmのポリプ水槽にいくつか放り込んでも良いのだが、こちらの水槽は水草の育成とか全く考えていない。コケが生えないような薬をまいたせいもあってか、以前移したミクロソリウムもじわじわと弱っていき、緑色から茶色に変化し最終的に溶けてしまっている。ポリプ達はミクロソリウムの茂みがあると隠れ家になって居心地がよさそうなので、枯れたものと交換するのも良いのかも知れない。ただ長持ちしないと予想されるのに投入するのはどうなのかという道義的責任めいたものがあるのだが。

さて、それに伴い、90cm水槽の方も大幅に植物が減少している。実際、バケツ一杯分のミクロソリウムが取り出されてしまったので、それによる光合成能力の低下はかなりのものがあるだろう。CO2を添加するようになってからはミクロソリウム達も気泡をつけて盛んに光合成しており、水槽内での最大勢力だったのだから、戦力ダウンは深刻だ。光合成能力が低下すると、今までと同じ分量の液肥は消化しきれなくなるだろう。水槽のガラス面をよく見るとうっすらとコケがついてきている。まだ大した量ではないので目立たないし、スクレイパーでこそぎ落とせばすぐに解決しそうだ。が、コケが発生したという状況は由々しき問題なので対処した方が良いだろう。現有戦力に見合ったバランスに戻す必要がある。

まずCO2だが、最近の気温の低下のせいなのか、ペットボトル内の環境がうまくいっていないのか解らないが、生産量は大分落ちてきている。そろそろ新しく作り直した方が良さそうだ。
光量は基本的に機器に変更がないので以前と同じだ。
この2つを高いレベルで維持しておけば、草たちも頑張って光合成してくれるだろう。CO2については夜間エアレーションしているので濃度が濃くなりすぎることはないと思う。光量はもっと多くてもいいくらいだと思うので現状維持。やはり問題は液肥の量だろう。リストラ前は毎日かなりの量の液肥を与えていたので、かなり減らす必要がある。目分量だが、リストラしたミクロソリウムは全体の植物の3~4割くらいを占めていたのではないかと思う。なので液肥もそれに合わせて減らすべきだろう。さしあたっては以前の半分にしてみようと思う。

これまでは、10倍希釈のハイポネックスと同じく10倍希釈のハイポネックス開花促進の2種類を約50ccずつ、ほぼ毎日添加していた。基準よりはかなり多いと思うが、今までは特に問題もなくそれを消化していたようでコケの発生等はほとんどなかったのだ。これを半分にするので、25ccずつという事になる。発酵式CO2発生装置のリニューアルした後、しばらくそれで様子を見てみることにしよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
第三次レイアウト変更計画発動
- 2009/11/05(Thu) -
ミクロソリウムがかなり増えすぎてしまっていて、何と言うか原生林というか荒れ果てた感じがしていたので、全体的に水草の量を減らそうと思っていました。そこで先日の日曜日、ミクロソリウムを中心に整理することですっきりさせて見ました。

やった事は大幅にミクロソリウムを取り除き、その空いた場所を埋めるように後景を植え替え。さらにロタラ・グリーンのトリミング。追加で今日、ピグミー・サジタリアとヘアグラスの植わっている前景をトリミングしました。



ミクロソリウムは思っていた以上に大量に生息していて、活着していた流木がすっかり隠れているほど。この隠れていた流木をしっかり見られる程度の量に減らそうと思ったら、かなりの量のミクロソリウムがリストラ対象となってしまいました。バケツに一杯といったところ。そのまま捨ててしまうのも惜しいので、ひとまずはバケツに水を張ったままつけてありますが、気温が低下している今の季節では早晩水温低下でダメになってしまいそうなので、今後の身の振り方を考えなければならないようです。

ロタラのトリミングについては、これまではロタラの量が満足いっていなかったので、基本的に差し戻しで増やすという方針でしたが、そろそろ十分な量が揃ってきたので差し戻しを考えず、できあがりの形を気にして散髪してみました。
その他の変更は、前景草の間に流木を入り込ませてアクセントにしてみたり、名前の定かではない水槽左端を覆っていた有茎草を後景全体にちらして植え替えてみたり、アヌビアス系の草の位置の変更といったところです。



一応、落ち着いたところで撮った写真がこれです。





以前(10/15)の写真がこちら。





ごっそりとボリュームがなくなった感じです。

こちらは大幅ボリュームダウンの左サイドの写真。




流木が出てきた事は予定通りでしたが、その結果とても貧弱でまとまりに欠ける印象が強くなりました。残ったミクロソリウムの配置や流木そのものの迫力不足が原因でしょうか。後景に移した有茎草の配置も今ひとつで、何となく只生えているという印象が強いです。もう少しメリハリのあるレイアウトが必要かも知れません。もう少し存在感のある流木を1本導入しようかと計画しています。それと流木とアヌビアスの間の空間も気になるので、ここに赤系の中景草でも入れられないかとも考えています。

一方の右翼です。




こちらは大きな変更はなく、割と自分好みに仕上がってきています。この石の配置も60cm水槽時代からのものなのでお気に入り。ブリクサとよく馴染んでくれています。後はロタラが青々と茂ってくれればOKです。
真ん中の大きなアヌビアスは回りに大きい草がなくなったので少し唐突に感じるので、これは右サイドに寄せるようにします。

低い下草と高い後景というバランスのメリハリをつける事ですっきりとしたレイアウトに仕上げたいのですが、なかなか上手くいきません。ただまんべんなく草を植えるだけでは良いレイアウトは出来ないという事がよく解りました。メリハリをつけ、空間を活かさなければ、ただ草が生い茂っているだけのつまらない水景になってしまうので、これから少し時間をかけて自分好みの水槽にしていきたいと思います。
今回はその第一歩という事で。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。